フランスではチョコレートとファッションが融合します

チョコレートとファッションは相容れないと思いますか。ということは、フランスのボルドーの近くで行われるグラディニャン·テール·デ·グラーヴ·キワニスクラブによるチョコレート·フェアに足を運んだことがないですね。

フランスはボルドーの近くで開催しているキワニスクラブのイベントに、何が魅力で6,000人もの人が参加するのでしょうか。世界で有名なワインが目当てではありません。

チョコレート·フェアです。

グラディニャン·テール·デ·グラーヴ·キワニスクラブが主催するこのフェアには、多くの特徴があります。例えば、参加者が地元のチョコレート職人から購入できるテイスティング·ブースがあります。それだけではなく、予想外のこともあります。モデルがチョコレートでできた服を着たファッション·ショーです。

10人のチョコレート職人が作成したドレスを着たモデルが、それぞれのチョコレート職人が選んだ音楽に合わせてさっそうとステージを歩きます。想像できるかと思いますが、キワニアンは、室温をしっかりと調整します。ショーと観客の熱気で服が解けないようにするためです。

グラディニャン·クラブの元会長であり、チョコレート·フェアの会長でもあるパトリック·アルテシは、イベントの一番のお気に入りは、ファッション·ショーが始まる前の時間です。緊張感がヒシヒシと伝わってきます。音楽がかかります。そして、ドレスの登場です。観客の「おお!」や「うわー!」のどよめきが響き渡り、カメラのフラッシュがステージを照らします。

パリのチョコレート·フェアに度々足を運んでいるカップルはキワニアンに、「チョコレートのドレスは、容易にパリのドレスに匹敵します。」と話しました。

子ども達の楽しみ
保護者のリクエストに応え、クラブは子ども達を惹きつける方法を考えました。チョコレート·ワークショップとフェイス·ペインティングです。ワークショップは、チョコレートに関する面白い事実を教えてくれます。また、チョコレートのペロペロキャンディーを溶かしたチョコレートから作り、デコレーションを施すことができます。

今年のチョコレート·ワークショップは大変好評だったので、クラブは参加者の制限を200から250に引き上げました。また、まだ順番待ちリストがあったので、来年は子どもの参加者を300人に引き上げる予定です。

クラブ会員がフェアでのアクティビティを観察し、新しいアクティビティをブレインストーミングするので、アイデアは、次から次へと出てきます。来年のアクティビティとして、15歳から18歳の職人見習いのチョコレートの彫刻コンテストを行う予定です。

一方で、フェアの後、チョコレート·ドレスはどうしているのかという質問があります。答えは…グラディニャン·テール·デ·グラーヴ·キワニスクラブからの証明書と一緒にチョコレート職人のお店で飾られています。最終的には、おいしく食べてもらっています。

ある人が言いました。「10人のうち9人はチョコレートが好き。10番目の人は嘘つき。」


Submit a comment

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中