子どもに読み聞かせるベネフィット

子どもに読書をするように勧めると、可能性の世界が広がります。 

キワニスの使命は、世界の子ども達に奉仕することで、子ども達が健康に育ち、力強く成長し、すくすくと育つことを手助けすることです。子ども達の識字能力向上を手助けするのはその中でも重要なことです。学校に読書部屋を設置したり、思いもよらない所に小さな図書館を作ったり、子ども達にもっと本を届けるスポンサー·プログラムなどで支援します。

たくさんのキワニスのボランティアは、数えきれない時間を子ども達への朗読に費やします。自分で読書ができるように学ぶ姿勢を養う大切な一歩です。読み聞かせをしてもらっている子ども達は、言語、認知能力、コミュニケーション、想像力、そして、情緒的発達が見込まれます。

子ども達に読み聞かせることで、物語の構成や理解力を助けます。想像力を生かすことを学び、表現することを学ぶことに繋がります。このようなスキルは、現実とフィクションの違いを学ぶのに重要で、新しい(時に怖い)状況に接する鍵でもあります。子ども達は、本ですでに読んで経験していることで、現実で同じようなことが起こった時の対応を学ぶことができます。

読書は、子ども達が世界や他の文化を学ぶ絶好な機会です。読書をする子ども達は、広い世界観を持ち、異文化を体験する準備ができているという研究結果があります。

認知的なベネフィットに加え、読み聞かせは、子ども達が人との絆を築き、強い人間関係を作るのに役立ちます。子ども達は、集中することを覚え、人が話している時にしっかりと聞くことで、相手への敬意を払う事を学びます。

結局、子ども達だけが得をするわけではありません。読み聞かせをすることで、キワニスのボランティアは、自分自身の人生に意味のある影響を及ぼしています。


Submit a comment

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中