子どもを助ける方法

地元でも世界でも子ども達を助ける方法はいくらでもあります。個人としてでも、クラブとしてでも。私達のお気に入りをいくつかご紹介します。

お腹を空かしている子ども達に食料を。多くの子ども達が食べれずに苦しんでいます。学校やコミュニティの組織と協力し、最大限に手助けができる方法を見出しましょう。週末に食べる分を学校で渡したり、催しを開催したり、フードバンクで寄付活動を主催したりするのはいかがでしょうか。キワニス子ども基金の助成金を使って、ネパールのカトマンズシティ·キワニスクラブは、昼食が必要な子ども達のために、昼食代を払いました。

学びたい子ども達を応援しましょう。ご自身の地域の学校のスタッフに、子ども達や先生達に何が必要か尋ねてみましょう。子ども達が必要な時に使えるように教室に必要な物を寄付しましょう。学校の図書館に寄付する本を購入したり、子ども達に本を買ってあげて、家の本棚をいっぱいにする手助けをしてあげてはいかがでしょうか。社会見学や楽しい交流会などを後援できないかどうか考えてみましょう。歴史や基本的な金銭感覚など専門分野の勉強を子ども達に教えてみましょう。米国バージニア州リッチモンド·キワニスクラブは現地の大学の専門家と子ども達を繋ぐことに成功しています。

子ども達が遊べる機会を。 野球、バスケットボール、チェスなどを子ども達に教えてみませんか。子ども達の創造性を開放するためのクラフトの日を主催しましょう。家族のために無料スポーツ·デーを開催しましょう。子ども達のためにボウリング·リーグを後援しましょう。カンボジアのプノンペンの子ども達とその家族のために日本の福岡キワニスクラブは、自転車修理や古い自転車の再利用などを行いました。そのような技術を持っているクラブ会員はいますか。地元地方自治体と協力して遊び場を作りましょう。(2022年初め、キワニスのパートナーであるランドスケープ·ストラクチャーから贈られる5万米ドル相当のAquatix® AquaSmart™パッケージスプラッシュ·パッドを受け取るチャンスをお見逃しなく!) 

みんなを安全に。もうすぐパパ、ママになる人達や新人パパ、ママに、コミュニティー全体でお祝いする「ベビーシャワー」のような場で情報を提供してはいかがでしょうか。米国フロリダ州ノースイースト·マイアミ·デイド·キワニスクラブに倣ってみましょう。ドライブスルーで、安全専門家にチャイルドシートチェックをしてもらえるイベントはいかがでしょうか。ヘルメット、ニーパッド、エルボーパッドを青少年組織に寄付をしましょう。カナダのオンタリオ州ブラントフォード·キワニスクラブは「安全村」を作り、火災時の安全確保、家庭内での安全確保や自転車の安全運転を指導しています。


Submit a comment

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中