運動を促進する5つの方法

画面から子ども達を休憩させるアイデアを紹介します。

退屈している子ども達にとって「デバイス」は魅力的です。子どもをデバイスで遊ばせると楽なので、大人にとっても魅力的です。代わりに、子ども達を肉体的にも精神的にも活発にさせましょう。

障害物コース。家庭用品を使って、子ども達に挑戦させます。例えば、座布団まで走り、花瓶までスキップし、外で縄跳びをします。

料理の時間。サンドイッチのような簡単な食事から始めます。それから、クッキー、ブラウニーに挑戦し、さらに夕食作りに挑戦します。材料の計測は算数の練習になります!

かくれんぼ。隠れる範囲を決め、子ども達を隠れさせます。公園などで一番の隠れ場所を見つけるのは誰でしょうか。順番で鬼を決めて行いましょう。

工作の時間。クレヨン、色鉛筆、画用紙で創造性を開放しましょう。アイスクリームの棒、グリッター(ラメパウダー)、シールや爪楊枝で何か作らせてみましょう。

お話の時間。物語を書かせて、読書を促しましょう。家族で好きな人、お気に入りの日帰り旅行や将来の夢などをテーマとして与えてください。


Submit a comment

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中