音楽とコメディアン

update-2-4-20-FR-concert-smain-600
フランスのコメディアンのスマイン

フランスの著名なセレブ、スマインが電車に乗り遅れた理由は? ラバルのキワニアンが何かしらかかわっているかもしれません。

ワインエキスポは、フランスのラバル・キワニスクラブの20年間来の伝統です。しかし、昨年、人気のコメディアンと実力派ミュージシャンのコラボコンサートのおかげで、このクラブの看板プロジェクトに更なる注目が集まりました。

スマインは、フランス国内において第一線で活躍しているコメディアンで、ヨーロッパ音楽学校の会長であるフィリップ・ダラランが指揮を行った「ピーターと狼」と「動物の謝肉祭」のナレーションを行いました。700人のゲストと200人の障害を持つ子ども達が特別ゲストとして参加しました。

「ここ数年、スマインはこれらのミュージカルのナレーターとしてフランス中を訪れています。」と、クラブ事務局長のミシェル・レムニエは言います。「キワニスクラブの数クラブが、フランス・モナコ地区の奇病キャンペーンのメイン行事として、フランス国内でクラブ『ツアー』ができないだろうかと興味を示しました。」

スマインはすぐにアイデアを次のように書いて受け入れました。「子どもに関連することであればなんでも私にとってとても大切ですので、1つと言わず様々なアイデアに興味があります。」

「ラバル・クラブは、子ども達のために質の高いコンサートを作り上げると同時に、クラブとその活動の知名度をあげる宣伝もかねて行えるようにプロジェクトを先導しました。」と、2018-19年の会長を務めたロイック・ルーカスは言います。「コンサートは成功裏に終わりました。」

観客の反応がとても大きく、スマインは、コンサート後に子ども達と写真を取ったり食事をしたりしたので、予定していたパリへの帰宅列車を遅らせることにしました。

「スマインからメールが来ました。」とルーカス。「彼はこう書いてきました。『大変感謝しています。このイベントは友好的な出会いと人との大事な思い出を私にくれました。』」(敬称略)


 

Submit a comment

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中