第2の故郷

update-1-7-20-switz1a.png

スイスのキワニアンが寄贈した家のおかげで、難民キャンプので生活のストレスが軽減されています。

文:レネ・ロンメル

ガイザーヴァルト=タンネンベルク・キワニスクラブの支援により、イラクのエルビルのシリア人の家族に新しく住む家ができました。

イスラム過激派組織ISISによる攻撃と占領により、150万人以上の難民(およそ100万人の子どもと若者を含む)がクルド地域の難民キャンプで生活しています。誰も戻れる可能性はありません。

難民のテントの多くは5年使用しており、この地域の過酷な気候に耐えうるには新しいテントに交換する必要があります。難民キャンプの家族のためにテントの交換と小さな家を建てるために、ガイザーヴァルト=タンネンベルク・キワニスクラブは、多くの民間寄贈者と共に、難民キャンプにおける生活をより人間味のあるものにするために大きく貢献しています。

このクラブは、クルディスタンのローマカトリック教会の大規模プロジェクトをサポートしています。ガイザーヴァルト=タンネンベルクのキワニアンのアンドリアス・メスカは、家族への新居の贈呈式に出席しました。(敬称略)


 

Submit a comment

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中