ようこそ、ネパール

JanCover

しっかりとした計画の下、持続可能な未来を念頭に置きながら、ネパールのキワニスは数クラブから地区の地位になるまでに成長しています。

文・写真:ケーシー・ジャクソン

カトマンズはネパールの首都で、ネパール曼荼羅で知られている渓谷にあり、ネパール側のヒマラヤの麓にあります。壮大な寺々、古代史、色とりどりの文化とお祭りで世界にその名を知られています。ここに足を運んでみてください。現地の人の温かいナマステがあなたを迎えてくれるので、異国に来ているという感じがしません。

IMG_4683

道を歩いてみてください。人の力強さと信仰心を感じます。風にたなびくタルチョーという祈祷旗を見上げてください。マニ車をそっと指で回してください。ここは特別な場所です。平和で精神的な場所です。ここは世界で最も貧困な国の1つにある場所です。しかし、この地の人々は心優しく、進んで他人に奉仕することに熱心です。

そして、去る9月、新たに特別な場所となりました。ここに最も新しいキワニス地区が誕生したのです。

きっかけ
2015年に初めてネパールでキワニスクラブが2つ誕生しました。ルンビニ・キワニスクラブとカトマンズ・キワニスクラブです。それから、2016年に3つのクラブ、2017年に11、2018年に8つのクラブが立て続けに誕生しました。現在、ネパールに50以上のクラブが存在し、1,000人以上の会員が所属しています。

IMG_5104

この新地区の設立は、偶然に起こったものではありませんでした。ネパール地区ガバナーのスーザン・シュレスタは、次のように説明します。計画的な努力により、新クラブにはコミュニティ内のパートナーと協働させ、コミュニティのニーズに合った奉仕活動を行い、子ども達のための奉仕を第一とし、サービス・リーダーシップ・プログラムの発展を支え、参加型奉仕活動を促進しました。そして、おそらくは最も重要である要件も怠りませんでした。それは、それぞれのクラブが独自の看板プロジェクトを立ち上げることです。

看板プロジェクトの例は次の通りです。ルンビニはKキッズ・クラブを後援し、学用品を配布しています。イタリは、学校から離れた所に住んでいる子ども達に自転車を提供しています。エベレスト・クラブは、路上で暮らす子ども達のためのリハビリセンターである地元の「ママガル」をサポートしています。

「看板プロジェクトは、私達のコミュニティの住民に意味のあるインパクトを与えるために、重要です。また、全員をさらに奉仕する気持ちにさせてくれます。」というのは、イタリ・キワニスクラブの会員であるスハマ・ペワ・リンブーは言います。「さらに、世界に広がる会員間の友情や仲間を紹介し、経験を促すために(重要です)。」

_DSC1713

プロジェクト拝見
ネパールのキワニアンとゲストがカトマンズに研修会のため、また地区となったことをお祝いするために集まりました。そして、現地のキワニアンの地元内外での活動を紹介する良い機会になりました。クラブが実際に活動しているのを目の当たりにすることで、身をもってネパールのキワニアンの偉大さが伝わってきます。

最初に立ち寄ったのは、バグマティ・キワニスクラブが後援する児童養護施設です。ほとんどの子ども達が裸足なのですが、キワニアンがプロジェクトについて説明している間、外にあるパティオにある明るい青のテーブルを囲んでいました。4歳から14歳の子ども達がおよそ22人、食べ物、文房具や家具を思いやりのあるキワニアンから受け取ります。子ども達はここで寝て、食事をしています。そして、別の場所にある学校に行きます。このような支援は必要とされており、感謝されています。そして、実際に役に立っています。この施設から10人の子ども達が高校を卒業しています。次のプロジェクトに移る前に、バグマティのキワニアンは、この施設に棚を寄付しました。これで大事な学用品を保管する場所が1つ増えました。

_DSC1494

「このプロジェクトは子ども達の学業、日常に必要なニーズ、この施設内の整理整頓に役に立っています。」と、バグマティ・クラブの会員であるビベク・ディタルは言います。

次は、バグマティ・クラブの別のプロジェクトの場所です。「ネパール統合視覚障害改善協会」です。ここでは、キワニアンは、食事、飲み物、点字のコピー用紙を目の見えない子ども達のために寄付しています。キワニスアジア太平洋会長のピーター・ザンダーは、生徒達と話をし、キワニアンとゲストが贈り物を配布する手伝いをしています。1人の生徒が点字の本を集まった人達のために朗読し、笑顔で簡単なメッセージを贈ります。「皆さんの簡単な協力と手助けのおかげで、私達の未来が開けます。私達に手を差し伸べてください。よろしくお願いします!」

次のプロジェクトへの車中、ガバナーであるシュレスタは、ネパールの精神保健教育の必要性と、カトマンズ・キワニスクラブのプロジェクトがどのように生徒達に手を差し伸べているのかを説明してくれました。カリマティのジャナプラバット中等学校での学校精神衛生意識向上プログラムは、クラブにより運営され、パートナーのサムハビヤ財団により提供されています。教室は93名の生徒で埋まり、ファシリテーターが感情について話をしています。生徒達も参加を促され、質問に答えたり、自分の考えを共有したりしています。ネパールでは、14歳から21歳の若者達が自らの命を絶つ危険が最もあるとされ、非常に重要な課題です。男の子と女の子では、女の子が4倍も多く自らの命を絶っています。

_DSC1580

緑の制服に白のネクタイという出で立ちの学生達は、プレゼンテーション中ノートを懸命にとっています。楽しそうに笑っている子もいます。真面目な生徒もいます。このプログラムはこの日数時間続き、他の学校でも開催されます。

おそらく、翌日の訪問が最も記憶に残るものだと思います。シュリー・バルハデビ基礎教育学校は、シンドゥパルチョーク地区の頂上にあり、雲を見下ろすところにあります。カトマンズから運転すること3時間。地震でひどいことになっている地域を通り、雨でガタガタになった危険な泥道を上ります。普通の車ならまず通れません。そうやって、キワニス会員達は、学校に向かいます。学校では、生徒達、先生達、子ども達の親達、そして村のお年寄り達が、花とシルクのスカーフをプレゼントしようと待っています。シンドゥパルチョーク・キワニスクラブは、お返しに、バックパック、食べ物や学用品を子ども全員に寄付します。生徒達は、我慢強く列をなし、名前を呼ばれるのを待っています。大人も子ども達も笑顔でナマステと言ってくれます。感謝が伝わってきます。

IMG_4842

パナウティでの最後の訪問先は、シッダールタ・バナスタリ機関です。ここで授業を受けるために、山道を何キロも歩く子ども達が多くいます。そして、お腹を空かして学校に来ます。キワニス子ども基金の助成金で、カトマンズ・シティ・キワニスクラブは、3歳から5歳の幼稚園児が、幼稚園のある200日全ての日に、栄養のある食事を取れるように援助しています。

「栄養のある食事が必要な学生がいることは知っていました。だから、このプログラムを開始しました。」と、学校長のナラヤン・ニロウラは、キワニアンとゲストにサンプルの食事を手渡しながら言いました。「純粋に手を差し伸べています。カトマンズ・シティ・キワニスクラブと国際キワニスに感謝しています。」

IMG_4829

次はなに?
ガバナーのシュレスタは、正式に地区となった今、得るものもより大きいですが、責任もより大きくなったと言います。

「昨年のクラブと会員数の増加の勢いは本当にすごいです。」と、彼は言います。「現在、私達はこの調子を維持することに専念しています。2019年から20年は、クールダウンの時期とし、また、副ガバナーのトレーニングや細則及び運営手続きなどの正式な地区としての必要な手続きを済ませるつもりです。このクールダウン期間の私達の目標は、全クラブが看板プロジェクトを行い、今後新しくできるクラブが現在のクラブから学べるようなクラブになることです。また、キワニス子ども基金でネパールが正式に活動し、資金を調達できるようにします。」

看板プロジェクトは既に整い、素晴らしい活動が成功を収めています。地区の認証状授与式は終わりました。教育及びトレーニングに関するカンファレンスが正式に初めて行われ、成功に終わりました。そして、アジア太平洋総会が2020年3月にカトマンズで開催される運びとなりました。ネパール中のコミュニティで、何千人もの子ども達とその家族達が援助を受けました。ネパールでは忙しい日々が続きました。

「会員達は、自分達が正しいことをネパールの子ども達のためにしているということをはっきりと自覚しました。」と言うのはシュレスタ。「カトマンズやヘトウラの街角でお腹を空かせているネパールの子ども達や田舎の学校にノートもなしで通学する子ども達に奉仕することをただ描いているだけでした。私達は今、ネパールの全ての子ども達が学校に通い、足りない衣服などなく、お腹もすくことなく、健康でいる状態にしてあげることに情熱を注ぎ、子ども達が自分達の未来への準備ができるようにしてあげたいと考えています。」 (敬称略)


 

Submit a comment

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中